Vibes Up! 今日も何かググってこ!

ググるの大好きパート主婦♡子どもの勉強・公立中からの早慶受験・毎日を楽しくお得に暮らす知恵をお伝えします

転塾までの日々…その1

息子が中学受験を意識し始めたのは4年生の冬。

f:id:bearv:20170513102641j:plain

 

強い志を持って、というよりは、まわりが通塾し始めたからどんなもんかなー

って感じだった気がする。

 

冬期講習は大手中学受験塾「N研」に通い

4年生の1月からはA2クラスに入りました。

 

ちなみに…通ってたN研のクラス編成は上からM→A2→A1

これが最終的な合格校の偏差値もきれ~に上から分かれているのよね。

切ないくらい(苦笑)

 

で、2か月後のクラス替えで順調にMに上がれたのだけど…

サッカー練習を休みたくない息子は(クラスがあがると通塾曜日も変わる)

贅沢にもクラス替えをお断りして

 

まあ今思えばこのあたりはまだナメてましたね、中学受験を。

そして「やればいくらでもできる」と思ってましたね。反省。

 

で、まあ、5年生になり、学校の学年もかわり、晴れてMに移りました。

サッカーの方を違う曜日に変えまして。

ところが、ところが、ですよ

A2にいたときは常に10段階評価で10か9、悪くても7か8だった息子が

Mに行ったら、良くて6とか。悪いと2とか3。

もう見ていられない。

そして残酷なことに成績上位者から前列に座れるもんだから

もう最後列が定位置になってきて、

 試験受けても受けなくても座席が変わらないという(泣)

 

現実を思い知らされましたね。

我が息子は神童ではないと(苦笑)

プライドを保つために、A2に落としてほしいと何度頼みたかったことか…

だけど、慶應に入るためにはMにいないと、対策すらしてもらえない!!

宿題の量も、授業のコマ数もMとAでは違うのです。

やってもやっても終わらない宿題…

頑張っても頑張ってもクラス5番以内に入れたのは数回だけ…それも総合ではなく教科単位。

なんともジレンマの日々でした…(続きます)